--

--.--

« スポンサーサイト »

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

02.15

« 足踏み状態 »

もうDay32、採卵してからは14日経とうというのに、月のモノが来る気配全く無し

あまり考えないでリラックスして過ごそうと思ってるのに、昨晩は看護婦さんから「うまく融解出来なかったので、移植はキャンセル。他のオプションを考えておいて下さい」とか言われてジタバタしているなんかみてしまった。
やっぱり頭のどこかで考えちゃってるんだよね。ふ~
スポンサーサイト

IVF-8トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

02.07

« 受精後6日目 »

夕方近くになって、いつもの看護婦さんから「ひとつの初期胚盤胞を凍結しました」と連絡を受けた。
悪い知らせは、残りのひとつは胚盤胞に到達する前に成長が止まってしまったと告げられるも、「胚盤胞を凍結」という言葉に、心臓がバクバクと高鳴った

Vitrífication(ガラス化法)で凍結。
クリニックのインフォメーションには「Our frozen embryo survival rate is 98%」と記されてある…。
これは妊娠率ではなくて、融解率。
分かっている、分かっているんだけど否が応にもニヤケてしまう。

一度目の前から消え去ったチャンスの光が、また目の前にぶら下がっているような気がした。

IVF-8トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

02.06

« 採卵後5日目 »

昨日、一昨日共クリニックと連絡が取れず、半ば諦めモード。
何度かクリニックに電話して培養士の電話につないでもらい、状態が知りたいと留守電を残してもかけなおしてくる事は無かった。

昼頃、いつも良くしてくれている日本人の看護婦さんから連絡が有り、2つの受精卵のうちひとつはほとんどBlastocystになったと言って良い状態
もうひとつは成長が遅れており、まだ15~6cellといった所、と告げられた。
恐らく明日凍結しますとの話だったけど、いまだに信じられない。

自分達の受精卵が胚盤胞なんて、あり得ない。あり得ない事が起きている。

IVF-8トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

02.03

« 採卵後2日目 »

2つの受精卵は今日は4cellに分割したとの事。
フラグメントは少しあって、グレードはB。

明日あたり分割が止まる頃かな…なんて、ネガティブモードに突入。
とりあえずこれが済んだら日本に里帰りしてこよう。

IVF-8トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

02.02

« 採卵後1日目(受精確認) »

昨日ICSIして「受精しました」との連絡を受ける。
グレード等は明日になってみなければ分からないとの事。

*このクリニックは全ての患者に対してICSIを施している。

IVF-8トラックバック(0)  コメント(0) 

 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。