--

--.--

« スポンサーサイト »

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

01.05

« Consultation »

今迄の結果から、私の卵巣、卵子の質の問題ではなく、排卵のタイミングが問題だったのでは無いかと医師から伝えられた。
採卵(排卵)が早過ぎると、前回のような受精障害が起きる場合が多々あるとの事。
ホルモン値も完璧では無いけど、正常範囲内だし卵巣もクロミッドや数回の刺激注射(低刺激)で5つも6つも出来るのは上等だそうだ。

motivationはあるけど、金銭的にもう限界まできてるので治療は終わりにしたいというこちらの意志を伝えると、無料には出来ないけど…と言って、かなり考慮した金額を提示してくれた。
金額を見てびっくり
夫も私も一瞬で気持ちが固まった。
やるしかないね。
スポンサーサイト

IVF-7トラックバック(0)  コメント(0) 

    2006

12.28

« 採卵後2日目 »

昨日受精したたったひとつの受精卵。
2日目の今日になっても「1 cell1」という事で、今回も移植はキャンセルになりそう。
いや、キャンセルだろうな

もうこれが答えなのかもしれない。
前回は、初めて移植までこぎつけただけでも嬉しかったのに、微量ながらも妊娠反応まででた事実が、本当に嬉しかった。
今迄頑張ったねと、神様からの出来る限りのプレゼントだったのかもしれない。

電話をきった後、前回のクリニックの先生に言われた「ドナー以外、家族を増やす事は出来ません」っていう言葉が頭の中をグルグル回っていた。

IVF-7トラックバック(0)  コメント(0) 

    2006

12.26

« Day 16(採卵) »

今回はドクターが出張に出てしまって、代わりのドクターCの採卵。
これまた痛かった。
我慢出来ない痛みでは無いけど、思わず「うぅ…っ」と声が漏れてしまった。
非常に優しいドクターで、私が痛がる度に「ごめんね。もうすぐだからね。」と声をかけてくれるのが何とも心強い。

昨日迄、卵胞は少なくとも6つは見えていたのに結局取れた成熟卵はひとつ…。
あまり期待はしていなかったけど、やはりショック。
たったのひとつか…。

どうやら右の卵巣の位置が後ろにずれているらしく、そのせいで採卵中も痛みがあるし、右側の卵巣から卵子が取れないのも、あるべき位置に無い為に他の内蔵が右卵巣を圧迫してしまい、質の良い卵子を作り上げる事ができていないのでは…というのがドクターCの見解。
確かにこの半年、毎月卵胞チェックをしてきたけどいつも右側に出来る卵胞はひとつか2つ。
手術して位置を直すという手段もある、と言われたが恐らく私の保険ではその手の手術はカバーされないだろうから、莫大な金額になるはず。

現実的に、もう心を切り替えて諦めるしかない。
これ以上家計を圧迫させるのは非常に厳しいし。
それでもこのクリニックは一般のアメリカのIVFクリニックより、ほぼ半額近く安い。
もちろん、2回目以降はさらに安くなるし、採卵がキャンセルだったり、空胞だったりした翌周期はこれまたさらに安くなる。
薬代もクロミッドだけなら数ドルで済むし、注射だってせいぜい$300前後。
だからここまで続けて来られたのだ。

後悔とかしたくないから考えないようにしてたけど、始めからこのクリニックに通えたらなぁ、思い出したらきりがない。

IVF-7トラックバック(0)  コメント(0) 

    2006

12.24

« Day 14 »

血液検査とSonogram。

左の卵巣にあった大きな卵胞は既に20mmを超えていて、ドクターにはこのひとつは見逃す事になりますねぇと言われる。
他の卵胞も足並みそろえてだいたい17mm前後といったところ。

この日の夜にNasal スプレーを11:15pmと日付変わって12:15amに使用。
採卵は明後日の朝に決定。

IVF-7トラックバック(0)  コメント(0) 

    2006

12.23

« Day 13 »

血液検査とSonogram。

左の卵巣にひとつ大きい卵胞が18mm。他3つはだいたい15mm前後。
右の卵巣に2つ。これらも15mm前後。

血液検査の結果から、この日の夜にMenopor(150IU *パウダー2瓶に1瓶の水で溶かしたもの)とクロミッド。

もう街はクリスマス一色
街のどこを歩いていても、あちこちからクリスマスソングが聞こえて沈みがちな気持ちもどこへやら。
来年の今日、私は一体どこで何をしているんだろうな。

IVF-7トラックバック(0)  コメント(0) 

 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。