--

--.--

« スポンサーサイト »

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

07.25

« 引っ越し »

大陸横断の引っ越しを済ませ、一段落したところで以前某サイトで知り合った不妊治療中の方に教えてもらったクリニックの事を思い出した。
ここから通える範囲にある事が判明。
それと非常に興味のあった「低刺激」で卵胞を育てるという方針も、何故か強く引かれるものがあり、Consultationのアポを取って夫とクリニックに行ってみる。

初めてドクターと面会。
物腰のやわらかい、優しそうな先生。

このクリニックの治療方針や、今後かかるであろう金額の話を聞く。
以前通った所より、かなりこじんまりした印象。
ドクターと一通りのコンサルテーションが終わった後、会計担当の人と支払いについて話を聞く。
一回の値段は、アメリカで平均とされている金額の半分位だろうか…。

問診以外では、超音波で子宮、卵巣のチェック。
血液検査による、Pre-Screening テスト。
テスト内容は

女性
CBC
TYPE/Rh
HIV 1&2
Hep B Sag
Hep C
GC Swab
Chlamydia Swab
Pap Smear
Rubella Titer
Varicella Titer FSH(day 2.3)
E2 (day 2.3)
TSH
Prolactin

男性
RPR
HIV 1&2
Hep B Sag
Hep C

ほぼ前回の検査と一緒といったところかな。

避妊ピルをもらい帰宅。
8月の生理周期に合わせてのIVFになる予定。

Consultation料 $350
スポンサーサイト

IVF-3トラックバック(0)  コメント(0) 

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。